catch_119.jpg



2013年05月03日

尋常性乾癬の治療

■尋常性乾癬の治療


・尋常性乾癬の治療には、内服薬、外用薬、光線療法など、
 さまざまな方法があります


 尋常性乾癬の症状が軽い場合には外用薬、
 重症になると、多くは内服薬や光線療法でを用います


・尋常性乾癬の外用薬には、ステロイド薬が多く使われます

 ほかにも、活性型ビタミンDS外用薬も、
 副作用が軽微なので併用することがあります


・古くからある尋常性乾癬の外用薬に、
 タールやアンスラリンといったものがありますが、
 現在はほとんど使用されていません


・尋常性乾癬の内服薬には、ビタミンA類似物質である
 エトレチナートや、免疫抑制薬のシクロスポリンが使用され、
 その効果が期待できます


・尋常性乾癬の光線療法は、紫外線の増感剤であるメトキサレンを
 発疹部に縫って、紫外線を当てる治療法です

 いずれの治療方法も一長一短があり、
 組み合わせて症状をコントロールします
posted by スマイル at 12:52| 尋常性乾癬の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。